転職活動の進め方

20代女性が正社員としての転職を成功させる方法やコツ

20代女性が正社員としての転職を成功させる方法やコツ

こんにちは。転職エージェントとして多くの方の転職活動の支援を行っている深入エドワードです。

20代の女性から「転職活動について悩んでいる」という相談を受けるケースが最近増えています。
20代という年齢層や、女性という性別で一括りにできるものではないことは当然理解していますが、転職の相談に来る皆さんの中にはやはり共通した悩みも多く、似たようなお話をさせて頂くことも頻繁にあります。
今回は、そういった私のアドバイス実績を踏まえ、20代女性が転職を考えていると相談を受けた際に寄せられる質問とその答えや、アドバイスさせて頂いているポイントについて、記事としてまとめてみたいと思います。

女性にとって20代は結婚や出産などのライフイベントが多いタイミング

年齢層でライフイベントの発生タイミングを語ってしまうとあちらこちらから非難の声が飛んでくる昨今ですが、そうはいってもやはり20代はライフイベントが盛りだくさん。

新卒入社に始まり、引っ越し、結婚や出産、人によっては複数回の転職を経験していたりもします。

男性と比較し、女性は結婚に伴って名字が変わったり、出産に伴い働けない期間が出たりなど、ライフイベントの影響を強く受けることでしょう。

そのようなライフイベントの嵐の中で、「私は今の仕事を続けていていいのだろうか」「いつまでこの職場で働いているんだろうか」といった疑問が噴出し、何気なくも転職に関するサイトやメディアをパラパラと見始めるのは自然な流れです。

20代のライフイベントに余力を持って対応できる職場への転職

なかでも具体的に転職を検討していたり、退職の意欲が高まりやすいのが、「いまの会社ではライフイベントをはじめ、今後の人生に対応できない!」という悲鳴にも似た苦悩が背景になっているケース。

育休が取得しづらかったり、家庭の事情(子供の発熱や突発的なイベント発生)による予定していなかった有給取得や早退に理解が得られなかったり、会社によっては「結婚したってことはもう退職するんでしょう?」という時代錯誤な常識が蔓延していたり…

転職アドバイザーとして言わせてもらうと、そんな会社はさっさと飛び出して、家庭も顧みながら活き活きと働くことのできる会社に転職すべきです。

ワークライフバランスを保つための転職

20代のライフイベントと余裕を持って向き合い、女性としてのキャリアパスと両立をしていくためには、ワークライフバランスを重要視している会社への転職をすることが効果的です。

近年になって重要キーワードとして取り上げられるようになったことも多いワークライフバランス。

要は仕事と生活のバランスをしっかりと取ることのできる状態や環境のことです。

会社によってはコーポレートサイトなどの公式ページや採用情報ページで大々的に全面に打ち出していることもありますし、ワークライフバランスという言葉こそ表に出ていないものの面接の場や社員の方に話を聞いてみると、実態としてワークライフバランスが非常に取りやすい環境であるというケースもございます。

もちろん、逆のパターンとしてワークライフバランスを標榜しているものの実態は…という悪い意味で現状が標語とは乖離したケースもあるため、慎重に見極めることが大切です。

また、転職活動に取り組むにあたってワークライフバランスを重視していると仰る方に多いのが、ライフ偏重のパターン。

ワークライフバランスはあくまでも仕事と生活の両立を目指すもの。仕事はおざなりにして、自身のプライベートだけを追い求めることを是としているわけではない点にご留意ください。

夫や彼氏に対してどう説明して転職への理解を得るか

転職をする、と検討している20代女性の方から多く寄せられる質問や相談が、「夫や彼氏にどう打ち明けたらいいか・相談したらいいか」という配偶者やパートナーへの転職意思の伝え方に関する問題です。

20代といってもその年齢によって仕事におけるポジションや肩書、与えられている裁量などには違いはありますが、多くの方にとっては仕事にもなれて生活が安定してきた頃でしょう。
家庭を持っている方であれば、配偶者との生活パターンや生活におけるルールもある程度決まってきており、まだ家庭を持っていない方にとってはこれからの結婚や将来について語り合う時期でもあります。

そのような状態の中で、いざ「転職を考えている」「転職をする」という話を夫や彼氏に伝えた場合、残念ながら100人中100人が背中を押してくれるわけではありません。
ただし、今一度見つめ直してほしいのは、あなたの人生はあなたのものであるということです。

今後の長い人生における過ごし方や生き方、あるいは生きがいについて熟考を重ね、ワークライフバランスまでも見据えた上で転職を意識しているのであれば、その点をしっかりと言語化してパートナーの方に伝えるべきでしょう。

一番NGなのは実際に転職が決まり、現在の仕事を退職するまで黙っておくことです。
伝えない、ということは単純に問題の先送りに過ぎませんし、パートナーからしても「人生の節目とも言える大きな選択肢において、何も相談してくれないのか」と信頼感を失ってしまう体験になってしまいます。
信じて付き合っている・結婚しているパートナーなのですから、あなたの考えや今後の人生設計について、あなたなりの言葉でしっかりと伝えて、二人で未来についてしっかりと相談し合うことが大切です。

両親などの親世代に対してどう説明して転職への理解を得るか

また、転職について伝える相手として問題になりやすいのがお父様やお母様。つまりご両親です。

就職時の環境や、転職そのものへの理解・経験が世代間でずれてしまっているため、両親などの親世代とはそもそも就労観をすり合わせることが大変なのは事実です。
特にご高齢の方であれば、新卒入社した会社に定年退職まで勤め上げることが義務であるといったようなことを常識として意識している方が非常に多くいらっしゃいます。

しかしながら、もう時代は移り変わっており、転職は当たり前のこと。
業界や職種によっては転職をしてはじめてキャリアアップを果たすこともできるということを伝えることが大切なポイントになります。

感情論で議論をしてしまうと喧嘩になりがちですし、親からすると「世間も知らない子供がわがままを言っている」と映ってしまう可能性もあります。
あくまでも冷静に、転職の経験者が増えていることや、長年勤め上げるという常識がもはや大企業においても崩壊してるという事実を踏まえて転職の相談・報告をするように心がけましょう。

転職に行き詰まったらプロに相談するのも一手です

転職活動とはなかなか経験を積み上げることもできず、周りに相談することも難しかったりするライフイベントです。
疑問や不安が積み上がってしまう方も多くいらっしゃいます。

そんなときに役に立つのが転職活動のプロに相談できる転職エージェントサービスです。

転職エージェントには、転職全般に関する相談を始め、面接練習や書類の添削も依頼することができる上、転職希望者は無料でサービスを受けることができるのが大きな特徴です。
まずは気軽にサービスに登録し、転職エージェントとの効率的な転職活動の一歩を踏み出してみましょう!

コメントを残す

*