転職活動の進め方

転職の面接における自己紹介のコツと職歴の伝え方

転職の面接における自己紹介のコツと職歴の伝え方

こんにちは!
転職エージェント・転職アドバイザーの深入エドワード(ふかいり えどわーど)です。

本記事では面接における自己紹介のコツと、職務経歴(職歴)の伝え方について解説します。
転職における面接の全体的な構成やその所要時間について、および入室時のポイントについては「正社員転職における面接の流れ・構成と入室のやり方」を御覧ください。

面接の構成・流れについておさらい

正社員転職における面接の流れ・構成と入室のやり方」でも述べましたが、転職における面接は多くのケースにおいて次のような構成となります。

  1. 入室
  2. 簡単な自己紹介
  3. 現在の仕事内容と職務経歴について質疑応答
  4. 転職する理由について質疑応答
  5. 志望動機と入社後のイメージについて質疑応答
  6. 採用条件の確認
  7. 応募者からのその他の質問(逆質問)
  8. 退室

本記事ではステップ2の「簡単な自己紹介」とステップ3の「現在の仕事内容と職務経歴について質疑応答」について、その内容やポイントについて説明します。

また、本記事の解説だけでなくプロの転職エージェントに無料で相談できるサービスを利用することで、より一層転職活動の面接についてしっかりとした知識を身に付けることができるでしょう。

コメントを残す

*