転職活動の進め方

転職面接で志望動機をうまく答える3つのポイント

転職面接で志望動機をうまく答える3つのポイント

こんにちは!
転職エージェント・転職アドバイザーの深入エドワード(ふかいり えどわーど)です。

転職における面接でほぼ確実に質問される項目といえば
「弊社に転職を希望している理由、志望動機を教えてください」
という志望動機を問うものです。

この、志望動機の答え方が転職を成功に導くか、それとも失敗へと導いてしまうかの分水嶺となることもしばしば。
今回の記事では面接のコツとして「志望動機にどう答えるか」を解説致します。

面接全体の進め方や基礎知識については「正社員転職における面接の流れ・構成と入室のやり方」を御覧ください。

転職の面接で志望動機は何故聞かれるのか

そもそも、転職の面接において何故毎回と言っていいほど転職理由・志望動機を聞かれるのでしょうか。

それは、志望動機にによってその人が自社にマッチし、入社後に活躍する人材かを判断するためです。
そのために面接官は次の2つの観点から志望動機をチェックしています。

  1. スキルやビジョンが自社の事業・社風にマッチするか
  2. 志望度が高く、入社後もモチベーションが維持できるか

それぞれ解説します。

なお、面接官の観点について更に知りたい方や、自身の志望動機を第三者目線でチェックしてほしいといった方は無料で利用できる転職エージェントサービスのご利用を検討するのもおすすめです。

コメントを残す

*