転職支援サービス

転職求人情報サイトの使い方・活用方法

転職求人情報サイトの使い方・活用方法

転職活動をする方にとって外せない存在が「転職求人情報サイト」です。

今回の記事ではこれら転職求人情報サイトをどのように使うべきかという方法論やコツについてご紹介します。

転職求人情報サイトには種類がある

まず、転職求人情報サイトを活用する際に知っておく必要があるのは、転職求人情報サイトには大別して3つの種類・カテゴリーがあるということです。

その種類・カテゴリーとは次の3つになります。

  1. 求人情報掲載型(直接応募型)
  2. 転職エージェント型
  3. スカウト・ダイレクトリクルーティング型

それぞれについて説明します。

求人情報掲載型(直接応募型)

転職求人情報サイト大手のリクナビNEXTやマイナビ転職などがカテゴライズされるのがこの「求人情報掲載型(直接応募型)」です。

掲載料を支払った企業の求人情報が大量に登録されており、求職者の方は希望の条件で検索し、気になる企業にエントリーや応募を行うことができます。

また、メインの機能ではないものの、求人企業から休職者に対してダイレクトメールやダイレクトメッセージでオファーが届くこともあります。

一般に転職求人情報サイトというとこのタイプのサイトやサービスをイメージする方が多いでしょう。

転職エージェント型

求職者の登録情報を確認した転職エージェントが、条件がマッチしそうな企業の転職求人情報を見つけてきてくれるサービスです。

直接応募型とは違い、求職者側から求人を検索することはほとんど出来ない一方で、通常の転職求人情報サイトには掲載されないようなレア求人(待遇やポジションが特殊な非公開求人)と出会えるという強力なメリットがあります。

スカウト・ダイレクトリクルーティング型

転職エージェント型に似ているのですが、こちらは転職エージェントを間に入れずに企業の採用担当者が直接求職者に対してスカウトのためのオファーメッセージやDMを送るサービスとなります。

一般的に、ほか2つのカテゴリーの比べて求人企業の参加費・利用料が安く、少人数だけ採用したいという企業や、スタートアップ・ベンチャー企業が利用することが多いサービスです。

転職求人情報サイトを使いこなすには会員登録がおすすめ

転職求人情報サイトの多くは会員登録をしないままでも検索を行えたり、求人の詳細を確認できたりします。
しかしながら、会員登録をせずにこういった「非会員」としての利用を続けてしまうのは大変損な状態で、極論すると無駄が多い時間の使い方となってしまいます。

転職情報サイトでは会員向けの機能を中心にサービスを展開しているため、会員になることではじめて利用できる便利な機能が多くあるのです。

例えば、転職求人情報サイトでは、求人を検索した際の条件を保存する機能があります。
この機能を活用することで、毎回同じような条件を入力する手間が省けますし、転職情報サイトによっては条件に合致する求人が新規登録された際にメールや通知で教えてくれることもあります。

また、これまでのサイト内検索履歴や求人応募履歴などに応じて、求人検索を行った際の並び順や表示があなたにとって最適化される(パーソナライズされる)サイトも非常に多く、より効率的に転職求人情報サイトを活用するためには会員登録を行い正しくログを保存してもらうことをおすすめします。

レジュメ(会員登録情報や経歴情報)は魅力的に見えるように書く

特に転職エージェント型やスカウト・ダイレクトリクルーティング型の転職求人情報サイトでは顕著なのですが、会員登録情報や経歴情報をいかにキチンと登録し、魅力的に見えるように記載しているかで届くオファーに大きな違いが生まれます。

同じ企業からの同時期のオファーやダイレクトメール・ダイレクトメッセージであっても、その内容や待遇(ポジションや肩書、年収など)に大きな差があることも往々にしてあります。

先程、転職エージェント型やスカウト・ダイレクトリクルーティング型だと顕著と記載しましたが、これは直接応募型の転職求人情報でも重要なポイントです。

転職エージェントやスカウト担当者と比較すると若干ぼやっとしたオファーになりがちな直接応募型の転職求人情報のダイレクトメール・ダイレクトメッセージでも、企業担当者は送付先の転職希望者のレジュメ情報を閲覧しています。

残念ながら、数千単位でダイレクトメール・ダイレクトメッセージを送っている求人企業ではちゃんと読み込めていないという実態はありますが、対象求職者を絞り込んでDMを送っている企業に対して適切にアピールするためには、やはりレジュメ等の登録情報はキチンと作り込んでおくに越したことはありません。

DMのメール通知が多すぎて困る・ウザいと思ったら

転職求人情報サイトを利用された方から多く聞くのがこの

「DMが多く届きすぎてウザい」
「メールが多すぎて埋もれてしまう」
「大事な連絡を見落としてしまう」

という課題です。

スカウトやオファーとしてのダイレクトメッセージ・ダイレクトメールが多く届くというのは、ひとによっては羨ましいと思える状態かもしれませんが本人にとっては大きな悩みの種ですよね。

そんなときは思い切ってメール送付・メール通知をオフにして切る(届かないようにする)のも一手です。

転職求人情報サイト側もメールが多く利用者の一部が困っていることは十分に理解しているので、ほとんどの求人情報サイトでは設定画面などからメール受信を拒否することができます。

仮にメール受信を拒否したとしても、転職求人情報サイトにアクセスしさえすれば、サイト内のメールボックスやメッセージボックス、受診箱などといった機能からメッセージを確認することはできますし、ある程度選考が進んだ企業とは個別メールでやり取りするようになりますので大きな問題は生じ辛いでしょう。

エントリーや応募はきがるにどんどん行うべき

転職活動を始めたばかりの方は、転職求人情報サイトの使い方に今ひとつ馴染めずにエントリーや応募に躊躇してしまうことがあるようです。

しかし、転職求人情報サイトのサービス設計上、エントリーや応募は気軽にどんどんやってしまってもいいものなのです。

SNSで言うところの「いいね」に近い意味付けのサイトも多くありますし、まずは応募やエントリーをしてからその後のやり取りで志望度を決めるといった進め方でも全く問題ありません。

複数の転職求人情報サイトを同時利用(併用)する

転職求人情報サイトにはそれぞれが得意とする業界や企業規模があります。

また、転職求人情報サイトに求人情報を掲載するための掲載費用もかなり幅があるため、企業の属性が偏るのはもとより、特定のサイトにしか求人を載せていない企業も多くあります。

このような実態を踏まえ、効率よく求人情報を閲覧し、転職候補先企業を見つけ絞り込むためには複数の転職求人情報サイトに登録しておくことはとても重要なポイントです。

これらを踏まえ、うまく転職求人情報サイトを活用していくことが転職を成功させ、例えば正社員になったり年収や待遇をアップさせたりといったことに繋がるでしょう。

それでは実りある転職ライフを!

コメントを残す

*