転職の基礎知識

転職の書類選考通過率・書類審査合格率はどのくらい?突破するコツも紹介!

転職の書類選考通過率・書類審査合格率はどのくらい?突破するコツも紹介!

転職活動で避けて通れない書類選考

転職活動を行うにあたって、転職希望者がまずぶつかってしまう壁。それが書類選考です。

働きながらの転職活動であれば、忙しい仕事の合間を縫ったり、貴重なプライベートの時間を犠牲にしたりして必死に書いた履歴書や職務経歴書・エントリーシート。
それが「今回はご縁がなかったようです」といったような簡素なメール一本で否定されてしまいます。

普通に社会人生活を送っている場合、そこまで一方的に否定されるような気持ちになることは少ないため、転職活動をしている方の多くが傷ついてしまい、なかには心が折れて転職活動をやめてしまうような方までいらっしゃいます。

ところで、この書類選考ですが具体的にはどの程度の人が合格・突破しているのでしょうか?

転職大手サイトや転職に関するメディアが公表する書類選考突破・合格率

転職大手DODAの開催した中途採用担当者の座談会では、各企業の中途採用担当者が自社の書類選考の通過率について

  • アパレル企業:25%
  • システム開発会社:40%
  • 化学系一般消費材メーカー:(営業職だと)80%

と述べています。
(上記リンクの座談会の発言から弊サイトでまとめたデータとなります)

各業界の採用担当者ひとりずつの発言でしかないため、これが業界標準というわけではありませんが、通過率にかなりのバラツキがあることが分かりますね。

一方、マイナビ転職の調査では

マイナビエージェント(人材紹介)で転職活動を行い、内定を得た人たちのデータによると、応募して書類選考を通過する確率は30%

とまとめており、さらにアクシスさんのメディア「すべらない転職」でも

直接何社かの人材紹介会社にお話を聞いたことがありますが、多少の誤差はあるものの、やはり30%に近い数値で落ち着いていました。

と、転職活動における書類選考の通過率について紹介されていました。

これらのデータからすると、中途採用選考における書類選考の通過率・合格率は平均して30%。ただし企業によってかなりのバラツキがある、というのが実態と言えるでしょう。

30%の通過率、と聞いて「意外と低い!」と思われるのではないでしょうか。
そうなのです。実は書類選考で落ちる確率はかなり高く、いちいち落ち込んでいては時間と精神の無駄と言っても過言ではないのが転職活動の現実なのです。

書類選考を突破・通過して内定獲得に近づくためには?

それでは、意外と高いハードルとなって立ち塞がっている書類選考の壁・ハードルを突破するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

採用担当者から見て魅力的な履歴書や職務経歴書に仕上げる

まず最も基本的かつ大切なことは、採用担当者の目に魅力的に映るような履歴書や職務経歴書といった書類を作成することです。

輝かしい経歴や類まれな実績があるならば、それが分かりやすいように書き方を工夫したり、言葉選びを慎重にするべきでしょう。

そこまで強力な実績などがない場合でも、これまでの仕事内容や身につけているスキル、自身のバックグラウンドと、書類提出先の仕事内容や市場動向を絡めてアピールすることで、書類選考の合格率はグッと上がります。

転職活動において効果的な履歴書や職務経歴書の書き方のコツについては、このサイトの記事

転職を成功させる履歴書・職務経歴書・エントリーシートの書き方

もご覧ください。

 

第三者の目線、特に転職のプロに書類のレビューをしてもらう

自身の渾身の力を振り絞って履歴書や職務経歴書を書いたとしても、それが独りよがりな内容になっていたり、社外の人からすると正しい意味を掴めないような単語や文章になっていたりしては魅力が伝わりきりません。

そういった課題を防ぐためには、第三者の目線で一度書類のレビュー(内容や書き方の確認)をしてもらうことが大変効果的です。

とはいえ、履歴書や職務経歴書をおいそれと職場の同僚に見てもらうのはNG。

ここは転職活動のプロである転職エージェントに頼るのが良いでしょう。

転職エージェントをパートナーにして転職活動に臨める転職エージェントサービスは無料で使うこともできますし、自身の履歴書や職務経歴書から「それならこういった企業も向いているのではないか」と他のオススメ企業を紹介してくれることもあります。

突破率の低い書類審査を通過してはじめて面接の場で人柄や熱い思いを自身の言葉で伝えることができるのが転職活動。
まずはすこしでも書類審査の突破率を高めるためには使えるものは何でも使う、といった気概で乗り切っていきましょう!

コメントを残す

*