転職の基礎知識

エリア限定採用・地域限定採用とは?転職方法もご紹介!

エリア限定採用・地域限定採用とは?転職方法もご紹介!

こんにちは!転職エージェントとして転職活動をされている方にアドバイスをしている深入エドワードです。

転職をするにあたって、総合職か一般職かといった区分や、正社員なのか契約社員なのかといった雇用形態の区分について気にされている方は多くいらっしゃるかと思います。
一方で、本当は人によってかなり魅力的であるにも関わらず、あまり検討されていない採用区分があります。

それは、「エリア限定採用」や「地域限定採用」です。

本記事では、そんなエリア限定採用や地域限定採用と呼ばれる採用条件について、その意味やそういった限定採用をしている企業・中途採用求人の探し方について紹介します。

人生設計をしやすくなる「エリア限定採用」「地域限定採用」

企業や業界によって、「エリア限定採用」と呼んだり、「地域限定採用」という名称だったりなど、表現の違いはありますが、基本的にこれらは同じ採用条件です。

こういった限定条件のついた雇用形態で採用された場合、入社後の人生設計・ライフプランを非常に立てやすくなります。

エリア限定採用や地域限定採用って何?

そんな「エリア限定採用」や「地域限定採用」がどういった採用条件を指すのかという意味についてですが、これは「入社後に地域やエリア(主に都道府県)をまたいだ転勤・異動がない」という条件付きでの採用となります。

エリアや地域をどの程度の広さにしているのかは会社によって定義が異なるため、応募時や面接時に確認をしておく必要はありますが、狭い場合は同じ市区町村内(実質転勤なし)で、広くても関東や関西といった区分になります。

エリア限定採用や地域限定採用のメリット

中途採用でエリア限定採用や地域限定採用の枠で転職するメリットは何でしょうか。

一番のメリットはやはり、地域をまたぐ異動や転勤に怯えずライフプランを設計できるということでしょう。

仮に大手企業総合職への就職や転職をしたとしても、多くの企業では全国(場合によっては全世界にある)支社や営業拠点への転勤リスクがつきまとってしまうものです。
企業の文化によっては、結婚やマイホームの購入といった大きなライフイベントのタイミングで意図的に遠くへの転勤を命じるところさえあります。
(余談にはなりますがこういった話題で炎上していた企業が最近も複数ありましたね)

一方でエリア限定採用として入社した場合はそんな異動・転勤のリスクはありませんし、仮に命じられたとしても拒否することが可能です。
比較すると圧倒的に人生の見通しを立てやすいと言えるのではないでしょうか。

エリア限定採用や地域限定採用のデメリットや注意点

エリア限定採用や地域限定採用にも、デメリットや注意点がございます。

会社によって地域やエリアの定義が異なる

先にも述べた点ではありますが、一番陥りやすいポイントは地域やエリアといった言葉の指す範囲の認識のズレです。

エリア限定採用として入社したいと思っている方の多くは、一切の転勤や拠点をまたぐ異動がない環境を希望していることかと思います。
しかしながら会社によっては「関東圏内なら同一エリアとみなす」といったルールにしているところもあり、この点は入社前にしっかりと確認しておくべきです。

通常の採用枠よりも給料が安いケースがある

エリアの限定がなく、転職や地域をまたぐ異動の可能性がある採用枠の場合、賃金にそのリスク分が上乗せされているといつた考え方をしている企業は非常に多くあります。
代表的なところでは総合商社や銀行など、若いうちから海外転勤の可能性が高い企業ほどその傾向は顕著です。

そういった考え方に基づき、転勤や移動のリスクがない雇用形態については給料が低く設定されることがあります。
求人に応募する際にはきちんと給与の額やその条件・注釈を確認するようにしましょう。

転職でエリア限定採用や地域限定採用として入社するには?

それでは、エリア限定採用や地域限定採用を行っている企業にその枠入社したいと思ったときにはどのような転職活動をしたら良いのでしょうか。

転職求人メディアで「エリア限定」「地域限定」といったキーワードで検索

1つ目の方法は、求人情報を掲載している転職求人サイト・求人メディアで「エリア限定」「地域限定」といったキーワードで検索をすることです。

チェックボックス式の条件欄にはエリア限定採用や地域限定採用の絞り込みが無いサイトがほとんどですが、限定採用をしている企業はそれを売りにしているケースも多く、そのほとんどがキーワード検索で引っかかるように求人タイトルを工夫しています。
そのため、フリーワード検索機能などを用いて限定採用を行っている企業をまずは探してみるというのは実は単純かつ効果的。

そういった検索を行う際にはなるべく登録求人数の多いサイトを利用するのもポイントです。

転職エージェントに非公開求人を含めて探してもらう

エリア限定採用や地域限定採用の求人を探す2つ目の方法は、転職エージェントに代理で探してもらうことです。

転職エージェントはエージェントサービスを提供している自社の求人検索システムや、大手求人サイトから提供されたデータベースから、転職希望者より更に細かい条件で求人情報を検索することができます。

また、転職エージェントには非公開求人と呼ばれる一般の転職サイトには載らないような求人情報・オファー条件が開示されており、ここからもエリア限定採用の企業や求人を探すこともできるため、単純に候補となる求人数が変わってきます。

エリア限定採用や地域限定採用の求人情報を探す際には、求人情報サイトの利用に併せて転職エージェントも賢く活用するようにしましょう。

コメントを残す

*