転職のノウハウ

転職面接について part.1 – 面接の流れ・構成と入室のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
転職エージェント・転職アドバイザーの深入エドワード(ふかいり えどわーど)です。

正社員への転職に効くノウハウを紹介するブログ記事第三弾となる今回は、転職活動を行う方が頭を悩ませがちな「採用面接」についてです。

転職ノウハウブログ記事第一弾として公開した「正社員転職のやり方・進め方・スケジュールについて 6つのステップで解説!」におけるステップ4が採用面接です。
順番としては第二弾の記事として公開した「転職を成功させる履歴書・職務経歴書・エントリーシートの書き方」を突破した先にあるステップとなります。

今回の記事では、転職活動における採用面接がどのように行われるのかという面接の進め方・流れについて解説します。
なお、面接については注意事項が多いため、複数の記事に分けての解説となります。
(本記事はpart.1です)

転職の面接ってどう進むの?流れはどうなるの?

多くの転職面接・中途採用面接では次のような構成・流れで実施されます。

  1. 入室
  2. 簡単な自己紹介
  3. 現在の仕事内容と職務経歴について質疑応答
  4. 転職する理由について質疑応答
  5. 志望動機と入社後のイメージについて質疑応答
  6. 採用条件の確認
  7. 応募者からのその他の質問(逆質問)
  8. 退室

新卒採用時の面接とほぼ同じ構成となりますが、大きな違いとして、

  • 採用するに値する職歴やスキルを持っているか
  • 前職あるいは現職の退職理由は何か

が聞かれる点が挙げられます。

新卒採用ではポテンシャル採用が主流となっているため、スキルについては深く問われなかったり、
そもそも職歴と呼べるようなものが無いのが一般的です。
また、新卒採用時点では退職という経験も無いため、退職理由を問われることもありません。(アルバイトを短期で辞めることが続いている場合などは聞かれる可能性がありますが、レアケースです)

そういった違いについても理解を深め、面接に望みましょう。

面接にかかる時間について

各ステップについて説明をする前に、面接全体にかかる時間について頭に入れておきましょう。

面接を行う企業の規模や面接官の立場、何度目の面接なのかによって変わりますが、多くの中途採用面接では1時間前後で行われます。
短い場合は30分程度で行われることもありますが、よほど応募者が多い場合の1次面接か、意思確認としての最終面接以外は1時間前後でみっちりと面接をしてもらえるケースがほとんどとなります。

1時間というと長く感じるかもしれませんが、基本的なプロフィールからこれまでの経歴やスキル、入社にかける熱意を伝えることを考えると体感時間としてはかなり短く感じるものです。
事前に伝えたいことの優先順位やポイントを整理し、時間内にすべて伝えきれるように準備を進めましょう。

企業によっては面接の日程調整の際に所要時間を教えてくれますので、事前に確認できるようであれば時間を把握し、伝えたいことのボリュームや面接の戦略を調整すると良いでしょう。

たかが入室、されど入室

文字通り、面接が行われる部屋への入室です。

企業のオフィス環境や規模によって異なりますが、多くの場合面接を受ける転職希望者は待合室や受付で待たされ、案内によって面接部屋へと導かれます。
どのような流れになっても慌てることの無いよう、受付の方に話しかけたり、受付電話の受話器を取る前に、今一度服装の乱れを正したり、深呼吸を行いましょう。

また、基本的なマナーとして、入室時にはノックを行い、促されてからドアを開けるようにしましょう。
入室後はしっかりと名乗り、一礼を行ってからきちんとドアを締めることも忘れないように。
着席のタイミングも、自らのタイミングで座るのではなく、面接官に促されてから座るようにすることが基本的なマナーとなります。

「たかがマナー」「入室するくらい誰にでもできる」と思ってしまいがちですが、ここでの第一印象は時としてその後の質疑応答では取り返しがつかないものとなってしまうことだってあります。

転職大手サイトのDODAでは、面接に関して

対人印象の50%は外見で決まるとも言われています。そして面接官の中であなたイメージができあがるのにかかる時間は約5分とも言われています。もちろん実際の判断自体は面接内容によって決まるのですが、意外にも「第一印象」の影響が強いことをお忘れなく。

引用: DODA – 当日はどう進む? 知っておきたい面接の流れ

とまで言っています。
初手から悪印象を持たれないよう、意識をして一挙手一投足に気をつけて面接に臨みましょう。

無事に入室し、着席したら

転職における面接の全体構成を頭に入れ、話すべきポイントを整理した上で臨む本番。
無事に入室をしたとはいえ、本当の戦いはこれからです。(とはいえ緊張し過ぎは良くないのですが…)

入室後にまず行う「自己紹介」や、転職面接における重要な質問「現在の仕事内容と職務経歴について」に関する答え方のポイント・コツはPart.2の記事をご覧ください。

転職面接について part.2 – 自己紹介と職歴の伝え方

それでは実りある転職ライフをお祈りしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*