キャリアップのコツ

派遣や契約社員として働きながら正社員を目指して転職活動をする方法とコツ・注意点

派遣や契約社員として働きながら正社員を目指して転職活動をする方法とコツ・注意点

現在、派遣社員や契約社員として働いている方の中には、「転職して正社員になりたい!」「キャリアアップしたい!」「給料や年収などの待遇を良くしたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。
本記事では、現在の派遣や契約社員としての仕事を続けながら、正社員雇用を目指して転職活動をする方法や注意点についてご紹介します。

そもそも退職してから転職活動をするべき?それとも働きながら転職活動をするべき?

転職を検討される際、多くの方が気にするのが「転職活動を始めるタイミング」についてです。

「日々の仕事も忙しく、休みも取りづらいから退職してから集中的に転職活動をしたほうがいいのかもしれない」

そう考えてしまう方も多くいらっしゃいますが、はっきり言ってしまうとその進め方は危険です。
転職エージェントとしての活動やアドバイザーとしての活動を通して、私は仕事を続けながらの転職活動のほうがはるかに良いという結論に達しています。
その理由を説明致します。

無職の期間に転職活動をすると焦ってしまう

仕事を辞めると一番変わるのは何でしょうか。
それは言わずもがな、無職になり収入が途絶えてしまうことです。

仕事のストレスは無くなる一方、今度は貯金が減っていくストレスや心配に苛まれてしまうことになります。
また、日中の時間が自由に使えるようになったとはいえ、締切効果が働かなくなり時間あたりの活動量や集中度合いは明らかに低下することでしょう。

状況によっては資金繰りや日々の生活費のことに思考が占拠されてしまいます。こうなってはせっかくの自由な時間も不要な心配事に頭を悩ますことに使ってしまうことになってしまいます。
このような状態になってしまっては、前向きな転職活動にはなり辛いですし、ひとによっては「貯金が尽きるよりは」と以前よりも待遇の悪い派遣や契約社員、あるいはアルバイトとして働き始めてしまうこともあります。

余裕を持って、「良い条件であれば転職しよう」といったスタンスで転職活動を行なうためには安定した収入が得られる仕事を続けながら転職活動をすることは大切なポイントです。

仕事に就いていないと交渉時に足元を見られる

転職活動も大詰めになると、給料や年収、ポジションや肩書などの待遇交渉が行われます。
このとき、仕事に就いていない無職の状態だと足元を見られてしまい不当な待遇の提示となってしまうケースがあります。

企業の採用担当者や人事責任者からすると、給料や年収などのいわゆる人件費は抑えたいものです。
そのような意識を持つ担当者に対して、求職者側が「貯金が無くなりそう」「そろそろ就職先を決めなければ」と思っていることが見透かされた場合、間違いなく低めの年収が提示されることでしょう。

待遇交渉の場は駆け引き力が試されます。求職者側としては、「良い待遇なら就職しても良いと考えている」と言ったような余裕のスタンスを見せ、是非とも採用したいと考えている求人企業側から良い待遇の提示を引っ張り出すように努めることが大切です。

なお、後述する転職エージェントを活用することで、この待遇交渉についてはかなり有利に進めることができます。

退職を申し出るより半休や有給を申し出る方が本来的には楽なはず

退職してからの転職活動を検討している方は、「休みを取って転職活動や面接に行くことで職場に迷惑をかけてしまうのでは」と考える優しい方が多いように見受けられます。
しかしながら、勤務先企業にとっては慌てて退職されるよりも適宜休みを取りつつ適切に業務の引き継ぎや退職時期の調整をしてもらった方がありがたいのが事実です。

また、働いている方にとっても退職交渉をするより休みを申し出るほうが比較的気楽なのではないでしょうか。

どうせ辞める予定の職場なのですから、キャリアアップのためのステップとして、あまり気を使わずに労働者の権利を活用しましょう。

派遣社員や契約社員として働きながら転職活動に取り組む際のコツ

それでは、具体的に派遣社員や契約社員として働きながら、正社員を目指して転職活動に取り組む際にどういった点に気をつけたほうが良いのか、コツについてご紹介します。

有給休暇や半休を全力で活用する

まずはオーソドックスなポイントとして「有給休暇(有給)」「半日の休暇(半休)」を十分に活用するという点です。
派遣社員や契約社員といった雇用形態であっても、労働基準法では有給の権利が保証されています。

登録している派遣企業や派遣先企業との契約内容次第で休みの取りやすさや取得可能日数上限に差はありますが、こういった働きながら必要に応じて休みを取れる制度を活用することは転職方法の基本中の基本となります。

なお、取得理由を問われる場合にも転職活動を行っていることを正直に伝える必要はありません。
「持病の通院のため」
「家庭の事情のため」
といった回答をしてうまく質問をかわしましょう。

終業時間後の時間帯に面接時間を設定してもらう

有給休暇を使い切ってしまったり、働き始めて日が浅くまだ有給休暇や半休を取れない場合は、転職希望先企業との面接日程を夕方以降の遅い時間に設定してもらえるように希望を出しましょう。
つまり、派遣先や契約社員として働いている企業の勤務時間終了後に面接を受けられるように調整してもらうのです。

転職活動というものは必ずしも採用企業側が強いという一方的な強弱関係があるものではありません。
求人を出している企業側も人が欲しいという状態ですから、多少の日程調整・時間調整は聞いてくれます。
また、企業によっては夕方から夜にかけて採用面接をすることが当然・当たり前になっていることもよくあるケースですので、下手に気を使わずに遅い時間に面接の時間を設定してもらえないか交渉しましょう。

企業の採用責任者や人事担当者からとっても、仕事を中抜けして面接に来る人よりも、しっかり仕事を終えてから面接に来る人に対してマイナスイメージを持つことはありません。

転職エージェントを活用して日程調整や待遇交渉をお任せする

働き名がらの転職活動は、時間的にも精神的にもかなりの負担が発生することは動かしようのない事実です。
現在の職場での仕事内容によってや、あるいは繁忙期であったりといった状態によっては一人で転職活動に取り組んでいくのは物理的・精神的にかなり難しいということもあるでしょう。

そういうときは転職活動のプロフェッショナルとして活動をしている転職エージェントを活用することが効果的です。

転職エージェントとはそもそも何をしてくれる人なのかということや、その利用についてのポイントは弊メディア転職新聞内でも下記記事でまとめてありますので是非ご一読ください。

正社員転職を成功させるならエージェントの活用が肝! – 転職新聞

働きながら正社員への転職を目指している方が転職エージェントを活用するメリットは主に次の3点です。

  1. 面接の日程調整などをお願いできる
  2. 給料や年収、肩書やポジションといった待遇のアップについて交渉を任せられる
  3. 履歴書や職務経歴書、面接の受け答えについてアドバイスを貰える

それぞれ少し補足説明をします。

面接の日程調整などをお願いできる

転職活動を進めていくにあたって、地味に大変なのが面接の日程調整です。
複数企業とのやり取りを並行して行っていくことに加え、普段の業務との兼ね合いを踏まえた日程調整は非常に大変。

転職エージェントを活用することで、面接の日程調整や、状況によっては履歴書など書類の提出期限の調整などをお願いすることができます。
働きながら転職活動をする人にとってこれはかなりのポイントですね。

給料や年収、肩書やポジションといった待遇のアップについて交渉を任せられる

転職活動を行う一つのメリットが、転職を通してキャリアアップを実現することができるという点です。
給料や年収をアップさせたり、自身のキャリアプランを実現させるための肩書やポジションを獲得することもできるかもしれません。
当然、本記事のテーマでもある「正社員」という待遇での採用もひとつのの待遇アップ・キャリアアップです。

こういったそれぞれの待遇について、転職初心者が交渉を行っていくのは至難の業ですよね。
「どこまで強気でいって良いのかわからない」といった悩みも当然のことかと思います。

こういった交渉事は、転職のプロとして多くのケース・事例を経験していたり知識として知っている転職エージェントに一任すると上手くいくことが多いです。
彼ら・彼女らは転職のプロですから、求人側企業の規模や状況あるいは業界全体の動向を踏まえて、「この待遇アップに関する交渉なら通るな」といった感覚を身に着けています。

「自分一人でも日程調整などもできるし転職活動には困らない」と思っている方も、転職エージェントを活用することでキャリアアップや待遇改善に繋がるというポイントを頭の隅に置いて頂ければと思います。

履歴書や職務経歴書、面接の受け答えについてアドバイスを貰える

転職エージェントサービスを利用している方の中にもこの点を忘れている・知らない方もいるかと思いますが、実は転職エージェントは履歴書や職務経歴書といった書類の添削や、面接の受け答えについてのアドバイスもしてくれます。

転職エージェントにとっては自身の担当している求職者(転職希望者)が転職を成功させ就職することが仕事のゴールとなっています。
つまり転職成功させることで、転職エージェントの社内における評価にも繋がります。
そのためには求職者がびっくりしてしまうほど親身になって書類の添削やアドバイスをしてくれる方もいらっしゃいます。

転職エージェントとして担当者がついた際には、是非積極的にアドバイスを求めたり情報共有を求めたりするようにしましょう。

なお、転職エージェントサービスを利用する際に、転職希望者が費用を払うことはありません。
無料で転職エージェントの支援を受けることができます。
(転職エージェントは採用が決定した際に企業側から報酬をもらうというビジネスモデルで活動しています)

まずは気軽に転職エージェントサービスに登録し、転職活動を効率化しましょう!

それでは皆さんの転職活動がうまくいくことをお祈りしています!

コメントを残す

*