キャリアップのコツ

未経験からの正社員転職を成功させる方法・コツ 3つをご紹介

未経験からの正社員転職を成功させる方法・コツ 3つをご紹介

こんにちは!
転職エージェント・転職アドバイザーの深入エドワード(ふかいり えどわーど)です。

転職をしようと思っている方の中には、
「これまでの仕事やキャリアパスとは異なる業界・職種で、新しいキャリアを築いてみたい!」
と思われている方も多いのではないでしょうか。

実際、私が転職アドバイザーとして相談に乗る際にも、非常に多くの方が
「実は昔からあの業界で働いてみたかったんだよね」
「できることなら、将来的に長く・多額を稼ぐことができそうなあの仕事に転職したい」
と仰っしゃります。

スムーズに転職を成功させたり、短期間で次の仕事を獲得するためには、現状就いている職種や関連業界への転職活動を行うことが王道にはなるのですが、もちろん未経験の仕事への転職も可能です。
かつ、やり方さえ間違えなければ未経験ながら正社員として採用される確率を高めることもできます。

本記事では、「未経験の職種・業界に正社員として転職する」ためには、どのような方法を取るべきで、その際のコツ・ポイントは何なのかを3つに絞ってご紹介します。

未経験として転職をするための基礎情報

未経験の職種・業界への転職を行うコツ・ポイントをご紹介する前に、まずは「未経験としての転職」についての市場状況・現状に関して、データを基礎情報としてご紹介します。

未経験者歓迎の求人比率は?

未経験としての転職を行う際に、求人を確認しながら気になる要素の一つが「未経験者歓迎」と書いてあるかどうかです。
そもそも「未経験者歓迎」「誰でもOK」といった記載が無い求人の場合、実際に未経験でも採用されるかどうかという実態は置いておいても応募しづらいですよね。

実は、近年の中途採用市場において「未経験者歓迎」と明記している求人は非常に多くなっています。

転職大手サイトのマイナビのコラムによると、

実は、
マイナビ転職に掲載されている全求人のうち
「職種(仕事の種類)未経験者」を歓迎している割合は
なんと「78.4%」(※1)!
4分の3の求人が“未経験者もウエルカム” ってスタンス。

引用:マイナビ転職ノウハウ – 未経験から転職しやすい職種・業種は? 企業は未経験者に何を期待してるん?

とのことで、なんと全求人のうち8割に近い求人が「未経験者歓迎」と銘打っているのです。
この事実を頭に留めておくと、「意外と未経験者でも転職できるのではないか」と前向きな気持ちになりますよね。

職能やスキルのマッチ以外を理由とした転職の実態は?

転職といえば一般的に「自身の職能やスキル、あるいは資格を活かせる仕事でキャリアアップを重ねる」という印象を持たれているかもしれません。

それではここで、平成27年度の厚生労働省の調査である「雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)」を紐解いてみましょう。

実は、「自分の技能・能力が活かせるから」という理由で転職を行った人は、転職経験者のうち19.3%に過ぎないのです。
つまり、多くの人はスキルなどのマッチングではなく、「トライしてみたい仕事内容なのか」や「待遇や条件の良い仕事なのか」といった観点で転職を決断しています。
もちろん、この中には技能・能力を活かすことのできない、言い換えると「未経験な仕事への転職」も多く含まれています。

性・年齢階級・最終学歴・事業所規模・現在の勤め先の就業形態、現在の勤め先を選んだ一番の理由別転職者割合.png
引用:構成労働者 雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査) – 性・年齢階級・最終学歴・事業所規模・現在の勤め先の就業形態、現在の勤め先を選んだ一番の理由別転職者割合

また、このデータによると正社員としての採用なのか否かを問わず、この比率は大きく変わりません。
これらのことを踏まえると、未経験者であっても正社員としての転職を成功させることは十分な実現可能性があるという認識を持って頂いて良いでしょう。

それでは、具体的にどのように転職活動を行っていけば、未経験者ながら転職を成功させることができるのでしょうか。

「未経験」とはいえ、熱い想いや深い洞察は持つべし

中途採用を行う企業の採用担当者・人事責任者から見て魅力となるスキルや経験、あるいは資格が無いうえに、
「業界や仕事に対して特に想いは持っていません」
「何かやりたいことやビジョンがあるというわけではありません」
と言われてしまうと、採用する理由が見つかりません。

上で紹介したものとは別のマイナビのコラムにおいても、人気の高いゲーム業界への転職について未経験者が転職を成功させる方法について

意外に思うかもしれませんが、まずは、「ゲームをやり込んでおくこと」が大切です。特に、応募したい企業やジャンルが決まっている場合は、プレイヤーとして「ゲームをやり込む」こと。ゲームへの情熱の裏付けにもなり、面接での会話を弾ませるポイントにもなります。ゲーム業界の場合、ゲームをやりこむことは、その企業の特徴を把握することであり、企業研究にもつながります。ゲームをやり込んでいるからこそ言える「こんなゲームを作りたい!」「ここで働きたい!」という説得力のある志望理由を固めておきましょう。

引用:マイナビ転職ノウハウ – 未経験からゲーム業界に転職できる?転職を成功させるには?

と述べています。
未経験者、つまり素人ながらも意欲を持って知識を吸収する姿勢や実践することが必要なのです。
この点を意識し、「情報収集や行動すること」が未経験としての転職を成功させるためのポイントの1つ目となります。

「未経験の業界に飛び込みたい」「まだやったことのない仕事に挑戦してみたい」と思って転職活動に取り組むのであれば、「なぜそのような想い・考えを抱くに至ったのか」を今一度掘り下げて考え、仕事に就いていない状態でも収集できる情報を集めたり、挑戦できる・試せることがあるならやってみたりするということは非常に大切なポイントです。

むしろ、そういったことができない業種・職種への転職活動を進めてしまっているのであれば、いざ入社したあとに「こんなはずじゃなかった」「イメージと違った」となってしまい、仕事が長続きしないといったことにもなってしまうでしょう。

現在の職種や業種との重なりをアピールする

未経験転職を成功させるための2つ目のポイントは、「現職との重なりを意識してアピールに活かす」ということです。

「未経験者としての転職」と一口で言っても、実際にはいくつかのパターンに分類されます。

例えば、

  • 職種としては未経験だが、同じ業界内での転職
  • 未経験の業界だが、同じ職種への転職

といったパターンの未経験転職であれば、これまでの経験や知識・ノウハウを十分に活かすことが可能です。

転職エージェントサービス大手のパソナキャリアのコラムでは、前者の「同じ業界内での未経験職種への転職」の例として次のようなものを挙げています。

例えば、「衣料品メーカーの営業部門にいた人が、別の衣料品メーカーの広報部の仕事に応募する」「工務店で事務をしていた人が、ハウスメーカーの企画職に応募する」といったケース

引用:パソナキャリア – 転職サイトで目にする「未経験歓迎」の本当の意味と志望動機の書き方

このようなケースでは、すでに身につけている業界知識をベースとして、新たな職種・ポジションで求められる知識の追加獲得やスキルの習得をすることで、1つの職種のみを経験している社員よりも多角的・多面的な目線や考え方で仕事を進めることができるといった強みをアピールすることができるでしょう。
同じ業界内で働いていたとしても職種が異なると考え方や常識には大きな違いがありますし、そこには凝り固まってしまった歪んだ認知やバイアスが発生しがちです。それを解きほぐし、業界内に新しい風を吹かせるためには「業界内の他職種からの転職者」は非常に強力なリーダーとなりえます。

また、「同じ職種だが未経験の別業界への転職」についてもパソナキャリアのコラムを引用してみましょう。

仕事のノウハウをすでに身につけていて、業界の知識や習慣などを覚えれば即戦力になれる人です。採用側にとっては、新人を育てるよりも手間がかからないというメリットがあります。

引用:パソナキャリア – 転職サイトで目にする「未経験歓迎」の本当の意味と志望動機の書き方

こちらの「業界は違うものの同じ職種」パターンについては、多くの方もイメージしやすいかと思いますが、スキルや技能のうちポータブルスキルと呼ばれるような「会社をまたいでも活用できる、個人に紐付いたスキル」を十分に活かすことができるため、即戦力としての活躍も期待できます。

もちろん、業界の違いによる商習慣の違いなどに戸惑うことは多くあるかと思いますが、職種についてはプロフェッショナルとしての働きができるはずです。

これらを踏まえ、読者の方が検討されている「未経験者としての転職」がいずれかのパターンに当てはまるようであれば、エントリーシートや職務経歴書への記載や面接での受け答え時にアピールポイントとして盛り込むと、正社員への転職成功が一歩近づくことでしょう。

なお、エントリーシートや職務経歴書の記載については「転職を成功させる履歴書・職務経歴書・エントリーシートの書き方」を、面接については「転職面接で志望動機をうまく答える3つのポイント」もご覧ください。

転職のプロ、転職エージェントを味方につけよう

未経験としての転職を行うにあたって重要なポイントの3つ目は、「転職エージェント」の活用です。

本記事でもコラムを引用させて頂いたパソナキャリアも転職エージェントサービスを提供している会社の一つです。

転職エージェントとは転職のプロであり、各業界や職種についての知識はもちろんのこと、転職市場の近況や中途採用求人を出している各社のニーズや選考難易度についても情報を持っています
彼ら・彼女ら転職エージェントに無料で相談や交渉代行の依頼ができる転職エージェントサービスを活用することで、未経験としての転職であっても正社員への切符を手にできる確率は遥かに高まることでしょう。

弊サイトの記事、「正社員転職を成功させるならエージェントの活用が肝!」において転職エージェントが何をしてくれるのかや、どういった活用をすることが転職に効果的なのかを解説していますが、要点を再掲すると、転職エージェントを活用することで

  • キャリア相談から内定後の各種手続きまでサポートしてくれる
  • 非公開求人と呼ばれる好条件求人を紹介してくれる
  • 正社員・高待遇(給料・年収アップ)などの好条件転職を成功させる支援をしてくれる

といったメリットを享受することができます。

キャリア相談については、未経験としての転職を検討しているのでしたら今後の人生設計も踏まえてプロの意見を聞いてみるべきですし、未経験業界であれば各企業のシェアや状況についても未知の部分が多いかと思いますので転職エージェントから非公開求人を含めた幅広い提案をしてもらうことが視野狭窄に陥ってしまうリスクを下げるためには有効な一手です。

何より、転職希望者は無料で転職エージェントサービスを利用することができるので、まずは気軽に転職エージェントサービスに登録し、相談してみることが大切です。

未経験転職を成功させるための3つのポイントまとめ

最後に、ここまで紹介したポイント3つを改めて整理してみましょう。

未経験者としての転職を成功させるための方法・コツは次の3つとなります。

  1. 未経験だと開き直るのではなく、情報収集や行動すること
  2. 今の職種や業種の経験・スキルが活かせるのであればアピールすること
  3. 転職のプロ、エージェントを活用する

これらを踏まえて転職活動を行えば、正社員として未経験の職種・業界への転職を成功させることも決して夢ではありません。
諦めることなく、前向きかつ効率的に転職活動に挑んでいきましょう。

ご不明点や質問などあれば、お気軽にコメントください。

それでは良い転職ライフになることをお祈りしています!

コメントを残す

*