キャリアップのコツ

【回答例あり】転職の面接で「最後に何か質問はありますか」と聞かれたときにどう答えるべきか

転職面接で何か質問はありますかと聞かれたときの答え方

転職活動で避けては通れないのが面接。
その面接の終盤でありがちな質問が「最後に何かご質問はありますか?」という問いかけです。

その質問に至るまでは、面接官に聞かれたことに対していかに上手く回答するかというスタンスで良かったものが、急に気の利いた質問を捻り出さなければならなくなり面食らったりシドロモドロになってしまった経験は転職活動に取り組んだ方なら思い当たるフシがあるのではないでしょうか。

本記事では、転職活動の面接における大一番と言っても過言ではない「何か質問はありますか?」への答え方や対応方法についてご紹介します。

聞きたいことがあるなら面接の場で質問しておくべき

そもそもとして面接の場において、
「最後になにか質問はありますか?」
「聞きたいことはありますか?」
と問われて悩んでしまうというのは、この問も採用試験の一環であり、「間違った質問をしたら落とされてしまうのではないか」と思っているのがその主な要因です。

しかし考えてみてください。
この質問の意味するところは文字通り「何か聞きたいことや分からないことがあったらこの場で聞いてくれて構いません」ということです。

下手に萎縮してしまい、途端に会話がシドロモドロになってしまったり、挙動不審になってしまうのはもってのほか。
あくまでも会話でありコミュニケーションであると認識し、普段通りのやり取りができるように心を落ち着けましょう。

転職活動の面接は対等の場と認識すべし

多くの転職活動者が勘違いしてしまっているのは、
「面接官のほうが、求職者である自分よりも偉い」
「相手は判断をする側。自分は選んでもらうために正解の答えを言わなければならない」
といった思い込みです。

転職活動を通してのゴールというのは、単に多くの内定を獲得するのではなく自身にあった職場を見つけ、キャリアパスを描いていくことにあります。
そのためのマッチングを図る場が転職活動における面接なのです。

転職活動をしている人と、中途入社者を探している企業とで深くコミュニケーションを取り、
「合いそうだ」
「マッチしそうだ」
「この人・この職場なら活躍できそうだ」
と双方が思えることが転職面接のあるべき姿なのです。

双方が対等な立場であるという認識のもの、聞きたいことはしっかりと聞いて、
「この企業に転職することがベストなのだろうか」
ときちんと判断するために限られた面接時間を有効活用することが望ましいでしょう。

面接官もイチ社員であり人間である

また、面接官との距離感をつかめずに圧迫感を感じてしまったり、
機械的に審査されているような気分になってしまう方も多いかと思います。

しかしながら、面接官もひとりの人間であり、転職希望者が自社に合うかを一生懸命判断しようとしているひとりの社員に過ぎません。
面接官の年齢や立場と、面接を受ける方の年齢やこれまでのキャリアパスによっては、面接官のほうが非常に恐縮してしまっているケースも非常に多いのが現状です。

そのため、面接官との受け答えに過度に緊張してしまったり、「正しい答えを言わなければ」と自身を追い詰めることなく、
自然体の会話を心がけ、会話のキャッチボールが成立するように努めましょう。

もちろん、なかにはあえて圧迫感を与えてくるような威圧的な面接官や、
「面接官のほうが立場が上である」
と誤解している面接官も存在することは否定できません。

もしもそういった面接官に当たってしまった場合は、
「この会社は合わないな」
「この人とは仕事したくないな」
と素直に受け止め、無理に採用の選考活動を進めてしまわないことが将来的には良い判断に繋がると思います。

威圧的であったり、勘違いをしてしまっているような人に媚びへつらって入社しても後が辛いだけですよ!

質問してはいけないことってあるの?

「聞きたいことを聞きましょう」
と言っても、転職の面接で聞いてはいけないことやNGワードがあるのではないかと考える方も多くいらっしゃるかと思います。

よく質問を受ける、「これって聞いていいの?」という質問・疑問についてご紹介します。

給料やボーナスについては聞いても大丈夫?

これまでの経験上、最も多くの方が「面接の場で聞きたいけど、聞いていいのか悩む」と仰っていたのがこの「給料やボーナス」についてです。

はっきり申し上げますと、給料やボーナスについてはもちろんのこと昇給ペースなどについてもしっかりと確認・質問するべきです。

従業員というのは、お給料を頂いてその分仕事をするという「契約」に基づいた関係性です。
その肝となる給料やボーナスについて、曖昧な認識のまま入社しても、認識齟齬があった場合に非常に辛い生活になってしまうことは間違いありません。

また、入社後の給料や年収・ボーナスについてだけでなく、
一般的な昇給のペースやタイミングについても確認しておくことがより認識をすり合わせるためには大切です。
転職直後の提示年収が高くても、その後の昇給が望めないのであれば長く務めるイメージは湧きづらいですし、生涯賃金で考えたときにもっと良い転職先・仕事が見つかるかもしれません。

逆に、年収やボーナスなど金銭面についてぼかした回答しかしない企業については誠実さが感じられませんし、
入社後に金銭面のトラブルが発生する可能性もあります。
そういった点で転職希望先企業をふるいにかけるという意味でも、賃金に関する質問はしておいたほうが良いでしょう。

福利厚生は聞いても大丈夫?

給料・ボーナス以外に気になるポイントといえば福利厚生ですね。
「どういった休暇制度があるのか」
「保険等はどうなっているのか」
などは入社後の生活にも直結する要素ですので是非確認しておきたいポイントです。

もちろん、これらについてもしっかり質問することに何ら問題はありません。

1点気をつけるべきだとすると、多くの企業の場合は求人情報や企業の公式サイトに福利厚生が明記されていますので、それを確認せずに質問することは避けたほうが良いでしょう。
事前に求人情報や企業サイトでの情報を把握した上で、気になる点やわからない点について質問するように心がけることで、面接の時間を有意義に活用できますし、面接官からしても「ちゃんと事前に情報をインプットしてきてくれているな」と好印象を獲得できます。

残業時間や有給消化率は質問しても大丈夫?

働き方革命が謳われてしばらく経ちますが、やはり表に出てきづらい情報として残業時間や有給の消化率といったデータがあります。
正直なところ、企業にとっても「部署や職種、あるいは繁忙期かどうかによって変わるからなぁ」と思ってしまう質問ではあるのですが、聞いてはいけない質問ということではありません。

ざっくりとした聞き方をすると漠然とした回答しか得られず、有耶無耶になってしまうこともありますので、例えば
「毎週水曜日は夜に予定が入りやすいのですが、定時退社可能でしょうか?」
「3月が繁忙期かと思いますが、その時期の残業や有給消化率はどの程度でしょうか?」
といった具体的な聞き方をするほうがベターかと思います。

転職の面接で聞きたいことや質問がない場合はどうするか

面接の場というのは、面接官という実際に転職希望企業で働いている人から生の声を聞く絶好の機会ですが、すでに何度も面接を重ねてきていたり、企業側の求人やサイトの情報が充実していて知りたいことをすべて知れているケースというのもあるかと思います。

そういうときに、面接の場で
「最後に何か質問はありますか?」
と問われて
「特に何もありません。」
と答えてしまいがちですが、これは若干もったいない回答です。

私のおすすめとしては、企業についての質問がない場合は「あなたについて」どう思ったかをヒヤリングし、以降の選考活動や他社への転職活動に活かすべきです。

今後の選考に活かすための質問

転職の面接というのは1度だけではないケースが非常に多いです。
一つの企業でも複数回の面接が行われることが普通のことですし、当サイト転職新聞でも何度も紹介してるように複数の企業を並行して受ける転職活動のほうが効率的です。

それらを踏まえ、「最後になにか質問はありますか?」という問いに対してお得な切り返しの例としては
「本日の面接を通して、私についてどう思われましたか?今後の選考に活かしたいので、不足しているスキルや経験、不安に思われた点などがあればご教示いただければと思います」
というものがあります。

面接官と30分〜1時間程度の濃密な時間を過ごした結果、
ひとりの転職希望者としてあなたはどう思われたのか。
面接官からの率直なフィードバックを得られれば、次回以降の転職の面接に活かせることは間違いありません。

また、この質問の良い点の1つは、アピール不足や誤解を与えてしまった点について知ることができることです。

面接官からのフィードバックを聞き、その中で補足できる事項や面接中に伝えそびれていることに気づいたのであれば、その会話の流れで改めて伝えてしまえば良いのです。
面接官からしても、「この人のこの点が気になるな」と思っていることをクリアにできるため、双方にとって非常にメリットの大きいやり取りとなることでしょう。

面接官から見て会社にマッチしそうかの感想を聞く

また、面接官という一人の社員の目線から見て、
転職希望者のあなたがその会社にマッチすると思うかを無邪気に聞いてしまうというのも良い一手です。

面接官の性格や人柄によってはお世辞で終わってしまうこともありますが、
ぶっちゃけトークをしてくれそうな面接官であれば思わぬ内部情報を引き出せたり、会社が求めている人材像を聞けたりといったこともあります。

面接というのは優秀かそうでないかという点で合否が決まるのではなく、
「その企業にマッチするか」
という点で合否判定がされますので、面接時点で
「優秀なのはわかったけど、恐縮ながら今はマッチしそうなポジションが無くて…」
といった面接官の所感を聞き出すことができれば、場合によってはフォローができますし、「それなら入社しなくてもいいかな」と見切りをつけることも可能です。

面接の最後の質問は有効活用すべし

以上、転職活動の面接で切っても切れない「最後になにか質問はありますか?」という問いへの対応方法についてご紹介してきました。

これまで、
「何か質問はありますか?」
と聞かれて萎縮したり変なことを言わないようにと気を使った結果
「ありません」
とだけ答えてしまっていたようであれば、是非本記事を参考にして頂き、有意義な転職面接の場にしていただければと思います。

それでは良い転職ライフを!

コメントを残す

*